.

自動車重量税、別名重量税とは、国産メーカーの車でもイタリア車というような車の生産している国やエコカー、ハイルーフ車というような自動車の形状も関係なくたとえばニッサンやメルセデスベンツ、などにも通常納付しなくてはいけない税なんです。新車登録をする場合、もしくは車検の際に払わなければいけない税になります。納付税額はその愛車の重量によって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は異なる税金なのできちんと学んで混同しないようにしてください。「自動車重量税はクルマの重さによって」「自動車税とは総排気量により」その税額が異なります。それで、売却する際の対応も変わってきますから、注意しましょう。クルマの買い取りのときには既に支払った自動車の額がどれだけあってもその税金が返還されるようなことはないですが、一方自動車税でしたら、既に納めた金額を売却額に乗っけてくれるといった事例がありますが重量税については上乗せされるといったことはほとんどありません。重量税というのは、車の売却時に既に支払った税金が残存していると言っても専門業者でそれが忖度されるケースは少ないのです。ですので次の支払いつまるところ次回の車検まで処分を待ち買い取りを依頼するのが一番良いと思います。自動車の引き取りの際は考慮されないのが重量税ですが特別なケースだと返ってくることもあるのです。このケースは、次の車検までの期間が残っている自動車を廃車にしてしまう場合。つまり廃車登録をした場合残っている期間に応じた重量税が返ってきます。ただし自動車買い取りの時はその中古車が廃車されるのとは違うので還付されません。また所有車の名義変更をしてしまった時や盗難にあった際も返金してもらうことは不可能です。重量税が残っている期間がある車を手放すということは、車検が残っている車です。そういったことを買取側も忖度しますので、重量税が残存していれば、少しは買取額があがるでしょう。当たり前ですが買取額は業者によってまちまちなのですが車検期間がまだあることを考慮していただければ、売却する自動車の売却額からみるとあまり払い損と考えることもありません。